企業にとって採用・人事部門の仕事は、会社にとって有益な人材を確保し育成する役目がありますから、とても重要なポジションであることは言うまでもありません。その一方で、非現業である採用・人事部門の人件費が膨らみ過ぎることは企業にとって良い傾向ではありません。ここ数年の採用・人事部門の課題と言えば、要員不足の解消と優秀な人材の発掘・育成になります。長らく続いた不況により、大半の企業では人材管理が傷んでおり、その回復に力を費やしているのが実情ですが、新大卒や新高卒の雇用が不安定であり、思うように進んでいないのが実態です。そこで、企業の採用・人事担当は中途採用の実施・拡大に目を向けているのですが、募集から採用までの事務に大きな労力を必要とするため、人件費の高騰という新たな問題に直面しているのです。

採用事務にかかる課題と解決策について

中途採用と新規採用の事務手続き上の相違点と言えば、新規採用が年に1回のみ実施するのに対し、中途採用は現場の要請により、年に複数回実施するため、事務煩瑣となることです。さらに、繁忙期などは他部署から複数の要請があるため、採用管理が複雑になることです。要員不足は自社に限ったことではありませんから、競合他社においても中途採用の求人募集は行っていますが、繁忙期は重なりますから求職者は複数の競合他社に応募している可能性が高く、選考業務や内定通知の遅れは、致命的なミスにつながりかねません。採用管理システムは、こういった事務遅延やミスを防止するため、採用から内定通知の発送までを一括管理できるシステムとなっており、多くの企業で注目されており、今後、ますます需要が高まると予想されます。

採用管理システムの詳細とメリットとは

企業は様々な媒体を通じて求人募集を行うため、求職者は様々な経路を通じて応募します。システムでは、その経路ごとに応募者の基礎データを集積します。そして、このデータを基に内定通知までの作業状況を一括管理していくのです。一定期間経過後、システムから自動的に応募者に対して選考試験の日程がメール送信され、選考試験終了後は、その得点や合否判定がシステム上に示されることになり、合格者には面接試験の日程がメール送信され、選考試験同様に合否判定が示され、内定通知が発送される仕組みになっています。こうした一連の作業を一括管理することにより、採用事務にかかる労力は大幅に削減され、事務遅延などのミスも防ぐことができます。さらに、求人広告を掲載した媒体ごとに、応募数や合格者数が把握できますから、今後の求人戦略にも役立ちますので、企業に大きなメリットをもたらしてくれるのです。

複数の応募者へ一斉にメッセージを送ることもできますので、事務処理の時間を有効活用することができます。 お客様の契約コースなどサービスにより費用が異なります。 Indeedから自社サイトに誘導することで応募者を増やします。 人材採用は可視化し、分析を行います! 採用管理の工程を一括管理できる機能になります。 合理的な採用を進めることができます。 当社の東京都中央区日本橋にございます。 採用管理システムのことならリクログ