企業経営において、社員の雇用は業績を左右する、非常に大切な業務の一つになります。特に、労働人口が高齢化している現状において、即戦力となる中途採用の募集から採用までの手続きは、迅速かつ正確に行わなくてはなりません。中途採用を雇用する上でのポイントは、どういったスキルを持った人材を確保したいのかを明確にするとともに、最近では、ハローワークだけでなく、転職サイトやタウン誌など、様々な媒体がありますから、どういった媒体に募集広告を展開するのかを定めることも大切です。また、採用事務の効率化も大きな課題です。中途採用は、必要に応じて募集活動を行いますから、事務が輻輳しやすいため、事務遅延や通知漏れなどのミスが起こりやすいので、こういったことが起きない仕組みづくりを行うことが大切です。

採用管理システムを導入するまでに確認しておくこと

採用管理システムは、中途採用をはじめとした、社員の雇用管理を行う上で、とても有益なシステムですが、安易に導入するのではなく、事前に自社の雇用管理上の弱点を洗い出し、どういった目的で導入するのかを明確にしておく必要があります。自社の雇用管理上の弱点を洗い出す場合、まず、チェックしたいのが、募集から内定通知を発出するまでの期間がどの程度かかっているかです。1か月以上かかっているようであれば、明らかに改善の必要がありますから、その原因を分析することが大切です。その結果、募集から採用までのプロセスを複数の部署で分担して業務を行っている場合、明らかに部署間の連携ミスですから、システムを社内LAN上に構築し、同じデータベースを複数の部署で共有する仕組みを作ることで問題解決を図れます。

採用管理システムを構築する際に大切なこと

内定通知後に辞退する人が多い場合は、通知漏れもしくは面接試験から通知までの期間が長いことが考えられますから、この部分を重点的に検証する必要があります。内定通知については、システム上で合否判定を入力すると同時にメール送信する仕組みを実装することで解決します。この他にも、求人募集にかかる経費が膨大である場合には、メディアごとの応募者数や合格者数が、把握できる仕組みを導入することにより、必要な媒体の絞り込みができますから、必然的に広告費用の削減ができます。システムを構築する上で大切なことは、基本的な機能の上に自社の弱点を補強できるオプションを組み入れることです。したがって、導入前に自社の弱点を分析することはもちろん、システム開発の担当者と納得できるまでディスカッションを行い導入することが大切なのです。